不動産業、というと堅苦しいイメージを抱く方も多いかもしれませんが、不動産業は資格さえあれば就職できてしまう業種です。

 

「宅検」は国家資格であるにも関わらず、3ヶ月程度の勉強で取れてしまいますし、とにかく主婦から人気がある業種なので、「転職したいけど資格がないとどこも雇ってくれないから困っている」という方はとにかく宅検を取ってみましょう。

 

宅検に合格し、履歴書の技能欄にその資格を書けるようになると、不動産屋などに転職できるようになります。

 

もちろん、資格を活かして就職できればアルバイトよりも高い収入を得ることができますし、営業に就いた場合は努力次第で月収を倍にすることも可能です。

 

不動産業は営業の担当者を募集していることも多く、宅検の資格を持っている方はとにかく重宝されるので、「何の資格も持っていないから、転職がうまくいかなくて・・・」という方は、まず不動産関係の資格を取るところから始めてみてください。

 

もちろん、今までにアルバイトしか経験したことがない方の場合、不動産業に就職することや宅検を取ることはハードルが高く感じられるかもしれませんが、社会保険もない上、動きっぱなしになることも多くあまり稼ぐことができないアルバイトに比べれば不動産屋に転職してしまった方が確実に、自分の為になるはずです。

 

最初は宅検関連の用語に抵抗を感じてしまうかもしれませんが、慣れてくると段々と、不動産関連の知識に強くなってくるので、「何の資格もないけど、不動産業界に転職して働いてみたい」と考えている方は、ぜひとも宅検の勉強を始めてみましょう。


このページの先頭へ戻る