転職に一番適していると言われている年齢は、20代後半から30代半ばまでとよく言われていますが、最近では今までの経験を活かして転職する女性も増えてきています。20代後半から30代半ばといえば、女性は結婚適齢期を迎える時期ですので、正直な話転職は年々、難しくなるのが実情です。そんな状態のなか、転職しキャリアアップしていくためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

1・自分の将来をじっくり考え、紙に書いてみる

 男性に比べて女性は結婚や出産で人生が変わってしまいます。このまま今の会社にいる場合や、結婚を機に転職して環境を変えてみるなど、将来の夢や予測、今の自分に足りないものなどをじっくり考えてみて、将来の予定図を1回紙に書いて整理してみましょう。

 

2・自分の中での優先順位だけはしっかり持とう

 ただ漠然と転職してしまうと「こんなはずじゃなかった」という事態に必ず陥ります。転職する前に、自分の中で絶対に譲れない部分(退社時間や仕事のやりがい具合など)をしっかりと見極めておくと、転職先を選ぶ基準になります。

 

3・面接では自分をプロデュースする

 ただ聞かれたことにだけ素直に答えていても、他の面接者と同じになってしまいますので、自分の希望や給与面やボーナス面、どんな仕事がしてみたいのかなどをしっかりと伝える必要があります。転職活動は3ヶ月を目安にして行うのが通例ですが、なかなか決まらないからと変に妥協することなく、なるべく自分の理想に近づけられる転職活動を目指すようにしていきましょう。

 


このページの先頭へ戻る