看護師はカンタンに介護施設に就職できます

 正看護師の資格を持つ人は、介護施設で高い需要があるので、いつでも転職しようと思えば正看護師は介護施設に転職できます。就職も比較的簡単ですし、病棟での臨床経験が少しでもあればかなり就職しやすいので、「もう病院はこりごりだし最近介護施設に興味がある」という方はぜひとも、ハローワークや転職サイトなどで介護施設の求人をチェックしてみましょう。

 

 介護施設の求人はどの地域にも存在しますし、後期高齢者の増えている現代では介護施設の正看護師は非常に重宝される存在です。その分、仕事場では求められることも多く、残業が長くなりがちではありますが、介護施設で働く場合は残業をしないと高収入に繋がらない場合がほとんどなので「介護施設でもしっかり稼ぎたい」という方は残業も積極的にこなすようにしましょう。

 

介護施設に転職するなら面接で臨床経験をアピールしましょう

 介護施設でも当然、病棟での臨床経験が活きます。

 

 むしろ、大学卒業後、臨床経験を積む前に病棟を退職してしまうようだと介護施設での就職口も消えてしまうので、もし臨床経験が少ない状態で介護施設への転職を考えているのであれば、まずは臨床経験を最低でも三ヶ月積むようにしましょう。

 

 もちろん、中には「新卒で病棟に就職が決まったものの、病棟での夜勤が辛すぎて心身ともに潰れてしまいそう」という方も多いのですが、正看護師にとって病棟での臨床経験は命綱のようなものです。自分の経験を一定のレベルまで育ててから転職したほうが、その後の自分の人生のためになるので、まずは臨床経験を積んでから介護施設の面接を受ける様にしてみてください。


このページの先頭へ戻る